KOBE Re:Public ART PROJECT


STATEMENT

地理学、⼈類学、社会学、歴史学といった多⾯的な観点から⾒ても、あるいはその⼟地から⽴ち上がった⽂化を眺めてみても、神⼾は⾵が通り抜ける街なのではないか。様々な⾵が吹き抜けるからこそ、それが神⼾という場所の多様性を⽣み出している、と考えることもできるかもしれない。現在に吹く⾵を受けて、コロナ禍を経た私たちはどのように互いに触れ合い、⾃分たちを取り巻く世界と新たな関係を構築していくのか。
今や私たちが⽴つ⼟壌には⼈⼯物が含まれていない場所はどこにもないとされる地質時代「⼈新世」。そんな時代において、⾃然物と⼈⼯物の境界線は⼀体どこにあるのか。
造形物、建造物、さらには都市構造に⾄るまで、これらを⼈新世における「地層の⼀部」と捉えるのならば、⼭や川や海と戯れることと、都市や建築物や廃棄物と戯れることとの明確な違いはもはや存在しない時代が到来しているのかもしれない。
少⼦⾼齢化の現在、全国的なトピックとなっている「空き家/廃墟」を現代の遺跡であり、かつ⾃然物としての地層の⼀部とみなし、それらをも内包した「神戸という器」に吹き抜ける⾵に誘(いざな)われるノマドとして、同時代を⽣きる私たち⼈類が⽣み出すゆるやかな繋がりを慈しみたい。
風を集めよう。
KOBE Re:Public ART PROJECT
「人新世に吹く風」をテーマに、神⼾に潜む新たな魅⼒を再発見し、新たな形のパブリックアート(リ:パブリックアート)を創出していくプロジェクト。
人類が地球の地質や生態系に影響を与える時代として唱われる『人新世』。多様な文化が入り混じり、伝統と先進性、そして自然の営みと人工物とが共存する神戸の街には神戸の新たな魅力や価値となりうる資源が多く潜んでいます。本プロジェクトは、様々な“風”が吹き抜ける街「神戸」の新たな魅力や価値を発掘しこれまでの枠組みに捉われない新しい形のパブリックアートを創出する試みです。
アーティスト・イン・レジデンスの仕組みを活用し様々な分野で活動するアーティストの方に、神戸という土地に一定期間滞在いただくことで常時とは異なる環境で、作品制作のリサーチ活動を自由に行いながら神戸の魅力についても、各々のユニークな視点や発想で、発掘いただくことを目的としています。
KOBE Re:Public
ART PROJECT
「人新世に吹く風」をテーマに、神⼾に潜む新たな魅⼒を再発見し、新たな形のパブリックアート(リ:パブリックアート)を創出していくプロジェクト。
人類が地球の地質や生態系に影響を与える時代として唱われる『人新世』。多様な文化が入り混じり、伝統と先進性、そして自然の営みと人工物とが共存する神戸の街には神戸の新たな魅力や価値となりうる資源が多く潜んでいます。本プロジェクトは、様々な“風”が吹き抜ける街「神戸」の新たな魅力や価値を発掘しこれまでの枠組みに捉われない新しい形のパブリックアートを創出する試みです。
アーティスト・イン・レジデンスの仕組みを活用し様々な分野で活動するアーティストの方に、神戸という土地に一定期間滞在いただくことで常時とは異なる環境で、作品制作のリサーチ活動を自由に行いながら神戸の魅力についても、各々のユニークな視点や発想で、発掘いただくことを目的としています。

AVENUE
神戸市内

CURATOR

MIRAI MORIYAMA
1984年、兵庫県⽣まれ。5歳から様々なジャンルのダンスを学び、15歳で本格的に舞台デビュー。2013年には⽂化庁⽂化交流使として、イスラエルに1年間滞在、Inbal Pinto & Avshalom Pollak DanceCompanyを拠点にヨーロッパ諸国にて活動。「関係値から⽴ち上がる⾝体的表現」を求めて、領域横断的に国内外で活動を展開している。俳優として、これまでに⽇本の映画賞を多数受賞。ダンサーとして、第10回⽇本ダンスフォーラム賞受賞。監督作として、ショートフィルム「Delivery Health」「in-side-out」などを⼿がける。2021年3⽉11⽇には京都・清⽔寺でのパフォーマンス「Re:Incarnation」の総合演出を務め、東京2020オリンピック開会式では鎮魂の舞を踊った。2022年4⽉より神⼾市中央区にArtisti in Residence KOBE(AiRK)を設⽴し、運営に携わる。ポスト舞踏派。
JUNYA YAMAMINE
キュレーター/株式会社NYAW代表取締役/⼀般財団法⼈東京アートアクセラレーション共同代表。東京都写真美術館、⾦沢21世紀美術館、⽔⼾芸術館現代美術センターにて、キュレーターとして勤務したのちANB Tokyoの企画運営に携わる。主な展覧会に、「ハロー・ワールド ポスト・ヒューマン時代に向けて」、「霧の抵抗 中⾕芙⼆⼦」(⽔⼾芸術館)や「The worldbegan without the human race and it will end without it.」(国⽴台湾美術館)など。avexが主催するアートフェスティバル「MeetYour Art Festival “NEW SOIL”」や⽂化庁⽂化経済戦略推進事業など⽂化/アート関連事業の企画やコンサルのほか、雑誌やテレビなどのアート番組や特集の監修なども⾏う。また執筆、講演、審査委員など多数。2015年度⽂科省学芸員等在外派遣研修員、早稲⽥⼤学/東京⼯芸⼤学⾮常勤講師。
HIROKI YAMAMOTO
⽂化研究者、アーティスト。1986年千葉県⽣まれ。⼀橋⼤学社会学部卒業後、ロンドン芸術⼤学にて修⼠号・博⼠号取得。2013〜2018年、ロンドン芸術⼤学トランスナショナルアート研究センター博⼠研究員。韓国・光州のアジアカルチャーセンター研究員、⾹港理⼯⼤学ポストドクトラルフェロー、東京藝術⼤学⼤学院国際芸術創造研究科助教を経て、2021年より⾦沢美術⼯芸⼤学美術⼯芸学部美術科芸術学専攻講師。単著に『現代美術史 欧⽶、⽇本、トランスナショナル』(中央公論新社、2019年)、『ポスト⼈新世の芸術』(美術出版社、2022年)、共著に『トランスナショナルなアジアにおけるメディアと⽂化 発散と収束』(ラトガース⼤学出版、2020年)、『レイシズムを考える』(共和国、2021年)、『東アジアのソーシャリー・エンゲージド・パブリック・アート 活動する空間、場所、コミュニティ』(ベーノン・プレス、2022年)など。
CALL FOR CREATORS
  • 事業名
  • KOBE Re: Public ART PROJECT(神戸市 パブリックアートによる観光誘客事業)
  • 募集内容
  • KOBE Re: Public ART PROJECTにおける、リサーチアーティストの募集
  • 募集期間
  • 2022年9月1日(木)~2022年10月2日(日)
  • 活動内容
    • 神戸市内の宿泊施設(アーティスト・イン・レジデンス)に一定期間滞在し、個々の視点・手法で、テーマに基づいたリサーチ活動(魅力や価値の発掘)を行っていただきます。

    • 散策に必要な事前情報等は、コーディネーターより提供いたします。
    • リサーチいただいた結果は下記の形式でご報告いただきます。
    • ・インタビュアーによるヒアリング(宿泊施設にて実施)
    • ・ドキュメントによるレポート提出(2022年12月20日(火)締め切り)

    • リサーチしたモノ・コト・バショの中で、神戸市の魅力や価値、周遊観光の促進に寄与する内容のものを、ご自身のSNS(Instagram)にて発信いただきます。
      発信いただいた投稿につきましては、インサイトのご提出をお願いいたします。
      投稿回数等の条件は特に設けませんが、#ハッシュタグ などの投稿ルールについては改めてご案内いたします。

    • ※リサーチ内容に応じて、実際にアートの制作・展示のご相談させていただくケースがございます。
  • テーマ
  • 人新世に吹く風 〜神戸の「風」を集めよう〜

    我々が立つ土壌には人工物が含まれていない場所はどこにもないと言われる地質時代「人新世」において、神戸という地で “自然と人工物とが交わるモノ・コト・バショ” にフォーカスしてリサーチいただきます。
  • 滞在先
  • 地域ごとに異なる文化や散策スポットが存在する神戸の街を5つエリアに分け、参加アーティストの方は、個々のエリアに設けた、テーマに寄り添った宿泊施設(アーティスト・イン・レジデンス)に滞在いただきます。
  • リサーチ期間
  • 2022年11月下旬 〜 2022年12月中旬
    上記期間の中で、最低4日程度の滞在を想定ください。

    ただし、新型コロナの状況等、不測の事態が発生した場合には期間が変更となる場合がございます。変更となる場合は、メールにてご案内させていただきます。
  • 応募資格
    • ・アーティストとして創作・制作活動されている18歳以上の方(活動分野、出身国、性別の制限は設けません)
    • ・上記リサーチ期間内に、4日間以上滞在いただける方。
    • ・協調性があり、オーナーや他の入居者と良好な関係を築ける方。
    • ・マナーやルール等を守って生活出来る方。※ゴミ出しルール・騒音マナー等
  • 費用/支援内容
    • ・活動費用
    • 活動費用として一律10万円(税込)を支給いたします(交通費の別途支給はございません)。
    • ・宿泊施設
    • 本プロジェクトのテーマに添って厳選した宿泊施設に滞在いただきます(宿泊料は発生いたしません)。

    • ※活動費用の支給方法、各宿泊施設の情報等は選考結果とともに別途ご案内いたします。
  • 選考結果について
  • 応募情報をもとに、キュレーターおよび選考委員会にて選考を行います。
    選考結果は、応募時にご入力いただいたメールアドレス宛に、2022年10月31日(月)までにご連絡いたします。
    尚、選考の経緯、結果等に関する個別のお問合せにはお答えいたしかねます。
  • 本事業に関する
    問い合わせ
    • KOBE Re: Public ART PROJECT事務局
    • 〒108-0073​
      東京都港区三田1-4-1 住友不動産麻布十番ビル
      エイベックス・エンタテインメント株式会社内
      Mail info-kobe-pa@av.avex.co.jp
    • 神戸市経済観光局観光企画課
    • 〒651-0887
      神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館9階
      Mail kobekankou_event@office.city.kobe.lg.jp

応募規約

KOBE Re: Public ART PROJECT(以下、当プロジェクトといいます)のリサーチアーティストとして応募する全ての方(以下、応募者といいます)はこの「応募規約」に同意するものとします。(グループでの応募に際しては、メンバー全員がこの規約に同意した上でご応募ください。)

個人情報の取扱いについて

当プロジェクトでは、応募者が当プロジェクトの提供する「応募フォーム」(以下、応募フォームといいます)にご入力いただいた名前、性別、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、写真、その他の個人を識別できる情報(以下、個人情報といいます)を取得し、その取扱いについて、以下のとおりご説明させていただきます。

個人情報の利用目的

「応募フォーム」にご入力いただいた個人情報は、下記①②の目的にのみ利用し、それ以外の目的で利用することはありません。

① 当プロジェクトにおける公式アーティストの選考・審査及び審査結果の連絡

② リサーチに関する事前手続き、必要情報の送付、およびプロジェクトの延期やスケジュール変更等の連絡

個人情報の取扱い

当プロジェクトでは、応募者から取得した個人情報を、上記記載の利用目的の範囲内で利用致します。
応募者の個人情報は、法令で認められる場合又は事前に応募者の同意を得た場合を除き、第三者に提供することはありません。
ご入力された内容に不明な箇所等があった場合は、当プロジェクトより直接ご連絡させていただくことがございます。
当プロジェクトでは、個人情報の取扱いを外部に委託することはありません。

当プロジェクトでは、応募者からの当プロジェクトが保有する個人情報の開示、利用目的の通知、内容が事実に反する場合等における訂正、追加又は削除、利用停止、消去及び第三者への提供の停止(以下、開示といいます)のご請求をお受けいたします。

当プロジェクトでは、クッキーやウェブビーコン等を用いるなどして、応募者が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行っておりません。

当プロジェクトでは、選考・審査の過程で収録・撮影された応募者の写真や画像等を当プロジェクトに関連するテレビ、雑誌、Web等各種メディアや当プロジェクトのWebサイト等の媒体内で使用する場合があります。

リサーチについて

リサーチの様子は、映像、画像等で記録を行います。
リサーチの内容および記録はアーカイヴとして保存し、下記①~④の用途に使用します。アーカイヴ素材については、必要な範囲で加工・修正を行う場合があります。

① 神戸市の観光誘客、および文化事業への活用

② 神戸市内の施設等での展示

③ 神戸市内の周遊観光促進を目的としたコンテンツ開発

④ テレビ、新聞、雑誌、ウェブメディア、SNS等での情報発信

リサーチ期間中に、何らかの損害を被った場合であっても、当プロジェクトでは一切責任を負いません。
リサーチ期間の延期、変更、中止に関しては、決定した段階でメールにて連絡を行いますが、これにより参加者に損害が生じた場合でも、当プロジェクトでは一切その責任を負いません。

その他

メールアドレスの変更などにより連絡先が不明となった場合は、参加決定以降であっても参加資格が無効となります。
応募書類の入力内容に虚偽があった場合、または本規約の違反があった場合は、参加決定以降であっても参加資格が無効となります。
参加の取り下げを希望する場合は、すみやかに事務局までご連絡ください。
当プロジェクトは、応募者の承諾を得ることなく本規約を変更することがあります。変更後の応募規約は、当プロジェクト公式サイト上に表示した時点より効力を生ずるものとします。
18歳未満の方は応募いただけません。

応募者は、下の<上記内容に同意し応募する>ボタンを押して、「応募フォーム」に進んでいただき、必要事項を入力してください。
なお、下の<上記内容に同意し応募する>ボタンを押していただくことで、応募者は上記の応募規約について同意されたとみなされます。

2022年9月1日 KOBE Re: Public ART PROJECT運営事務局
APPLY上記内容に同意し応募する